BURDEN Ltd.

ウクライナ支援 / HELP UKRAINE

ウクライナ支援 / HELP UKRAINE

ウクライナ支援

トップへ戻る English

ウクライナ情勢及びコロナ禍の渡航制限でペット動物の輸出入、動物輸送エキスパート、バーデン特別窓口オープン

ウクライナのロシア侵攻、コロナ禍の渡航制限などでペットを連れてのご移動、避難にお困りの方は、まずはバーデンにご相談下さい。

ウクライナとロシアのニュースをテレビで見ない日はなく、ウクライナの人々の危機的状況は、私たちの国、日本でも広く知られている所です。
その陰で多くのペット達もまた人と同じように住み慣れた場所を追われ、家をなくし、愛するオーナーと離れ離れになり、不安な日々を過ごしているだろうことは容易に想像できます。
苦楽を共にしてきた飼主との別れを余儀なくされたペット達の不安な思いは、同じくペットを家族として愛する人々にとっても、他人事ではなく胸が痛くなる出来事です。

バーデンは、『動物と人の共生』を信念とし、動物に携わる仕事を主として行っている弊社のスタッフの中でも、度々議論が行われました。
この危機的状況下の中で、バーデンに出来る事は何か、様々な意見が出る中で、まず私達に出来る事こととして、ペット輸送のお手伝いが上がりました。

私たちは世界各国への飼主の海外赴任に帯同するペット、海外から帰任、または移住される方々のペットのお引っ越し、輸出入のサポートを今までもして参りました。

そこでウクライナ支援の一環として、ウクライナからのペットの輸送、コロナ禍のバーデン特別窓口を設置し、対応を致します。
ウクライナに限らず、ポーランド、ベラルーシ、ルーマニアなどの近隣諸国ヨーロッパにペット同伴で避難をされている方々の日本への避難にかかるペットの輸送手続きを弊社にて行います。
ペットのみならず、帯同される飼主様の移動の手続きにつきましても、出来る限りサポートさせていただきたいと考えております。
飼主と離れ離れになって不安なペットを、1匹でも減らすことができればとの思いです。

ペット(犬・猫)の輸入には、煩雑な書類手続きにより一定期間を必要とするだけでなく、ペットのサイズによって大きく異なりますが輸送費や、ペットの処置状況によっては日本に到着した後の係留検疫費用など、実に多くのコストがかかり、これらは全て輸入者(飼主)の責任と負担で行わなければなりません。

過日ウクライナからペット帯同で日本に避難された方のペットが必要な証明書を得られずに日本に来たことから、ペットは検疫所での180日間の係留となりました。
係留期間の飼養管理に多くの費用が必要であり、その費用負担が難しいことなどから、ウクライナから入国のペットには条件を付した特別ルールが適用される異例の対応が話題になりました。
島国である日本は、海外からの病気(狂犬病等)の侵入を未然に防ぐ目的から非常に厳しいルール(法律)をしいており、犬猫の日本への入国のためには狂犬病予防法に従い適切な処置を実施しなければ入国できません。
しかしながらルールが厳しいが故に、適切な処置を適切な時期、期間で間違いなく行わなければならず、かつ輸送方法によっては一般の方では出来ない手続きも含まれます。(ペットの航空貨物手配など)
このような事情から、一般の方がペットの輸送に必要な処置や手順を理解し、確実に手続きを進めることがなかなか難しいのも事実です。

弊社のサービスが、日本に避難したいけれどもペットは置いてこられない、何をどうしたらいいのかわからないとお困りのウクライナ、近隣ヨーロッパ諸国の方々、コロナ禍の渡航制限によるペット輸送でお困りの方々、代理人のお力になれたら幸いです。

Go to Home. 日本語

Pet animal import and export, animal transport expert, Burden Special Window OPEN, due to travel restrictions on the situation in Ukraine and Corona Disasters(Covid-19Pandemic)

If you are having trouble traveling or evacuating your pet due to the invasion of Russia in Ukraine or travel restrictions due to Corona Disasters, please contact Burden first.

There are no days when we don't watch the news of Ukraine and Russia on TV, and the crisis situation of the Ukrainian people is also widely known in our country, Japan.
It's easy to imagine that many pets, like people, are being chased from familiar places, lost their homes, separated from their beloved owners, and had anxious days.
The uneasy feelings of the pets who have been forced to part with the owners who have been having a lot of pleasure are heartbreaking events for people who also love pets as a family, not other people.

Burden believed in "Animal-Human Symbiosis", and discussions were often held among our staff who mainly work on animals.
In this crisis, in the midst of various opinions on what Burden can do, the first thing we can do is help with pet transportation.

We have supported the relocation of pets accompanying owners to overseas assignments to countries around the world, and pets for people returning from or migrating from overseas, as well as importing and exporting them.
Therefore, as part of our assistance to Ukraine, we will establish a Special Window for transporting pets from Ukraine and Burden for Corona Disasters.
We will carry out the procedure for transporting pets to Japan for those who have been evacuated not only to Ukraine but also to neighboring countries Europe such as Poland, Belarus and Romania.
We would like to support not only pets but also procedures for the movement of owners accompanying them as much as possible.
I would like to be able to reduce even one uneasy pet from the owner.

The import of pets (dogs and cats) not only requires a certain period of time due to complicated document procedures, but it varies greatly depending on the size of the pet, but depending on the transportation cost and the Mooring Quarantine cost after arriving in Japan, all of these must be done at the responsibility and burden of the importer (owner).

The pet was moored for 180 days at the quarantine station because the pet who had been evacuated to Japan with a pet band from Ukraine came to Japan without obtaining the necessary certificate.
Because it requires a lot of cost to manage the care during the mooring period, and it is difficult to bear the cost, the unusual response that special rules with conditions apply to pets entering from Ukraine became a hot topic.
Japan, an island country, has very strict rules (laws) for the purpose of preventing the entry of diseases (Rabies, etc.) from overseas, and in order for dogs and cats to enter Japan, they cannot enter the country unless appropriate measures are taken in accordance with the Rabies Prevention Act.
However, due to the strict rules, appropriate measures must definitely be taken at the appropriate time and time period, and some procedures that cannot be transported by the general public may be included. (Pet Air Cargo arrangements, etc)
Under these circumstances, it is also difficult for the general public to understand the procedures and procedures necessary for the transport of pets and to proceed reliably.

We hope that our service will help you if you want to evacuate to Japan but can't leave your pet, you can help Ukraine, neighboring European countries, people in neighboring European countries, those who are troubled by pet transportation due to travel restrictions due to Corona Disasters, and agents.