ウクライナ・ロシア戦争を乗り越えての日本へのお引越し

BURDEN'S TOPICS

INFORMATION

May 05, 2023

ウクライナ・ロシア戦争を乗り越えての日本へのお引越し

ウクライナ/Ukraine

輸入代行 ペットの海外引越し Pettravel 犬猫輸入 ペットと海外 pet transport ドイツ引越し ウクライナ引越し

One year has passed since the Ukraine-Russia war. Millions of people have fled their homes in Ukraine since Russia launched its invasion, with many families forced to relocate to neighboring countries. And they often make extraordinary efforts to bring their beloved pets with them. Our client, Olena, and her three furbabies are one of the bravest family who escaped from Ukraine to Germany and moved from Germany to Japan.

    Olena and her pets escaped from Ukraine and stayed in Germany for the meantime. Olena was able to fly to Japan first, but her pets were left behind in Germany because of incomplete documents and the import required treatments to Japan. Japan is known as one of the most difficult countries to import animals due to its rules and required treatments by the government. Even one mistake could bring the pets into danger. As a result, Olena was concerned and found it difficult to prepare documents. She was even worried that one of her pets is quite old.

MicrosoftTeams-image (8).png


    That was the time when we received an email from Olena, who needed help with a document and required treatment assistance and a transfer to Sapporo. We helped and assisted them through the process of taking over the notification to the Japan Government MAFF, visiting her pets in the cargo animal room to give them food and water, assisting with the Japan import animal health inspection, cargo work upon arrival at Narita Airport, and delivering them directly to Sapporo.


    It was an honor to be able to see how happy they are to be reunited after such a long time apart. I was relieved too that the pets arrived in Japan safely after a long flight.

MicrosoftTeams-image (6).png


    I interviewed her regarding her and her pet’s experiences during the war in Ukraine. The story behind Olena and her three pets' escape from Ukraine was much worse than we could imagine.

    “In the very beginning of the war, the city where we lived was attacked. and it was bombed and shield for now 10 months. It was the day that we were very scared because the rupture was very loud. People started living in Kharkiev trying to get away from war, and most of the people would live everything in behind. But take the pets with them. So that's what we did.

MicrosoftTeams-image (7).png



    On the first day, we took our pets and went to the basement. We stayed there together with 20 other people who were just trying to be safe. People start thinking where to go, and we have a friend in Germany. My friend, who is also with the cat, and our family, with four other pets, managed to go to Germany. Stayed there at Germany while waited for my Japanese visa. And we moved here (Japan), but we have to move pets behind because of the quarantine. We stayed there for half a year, and when quarantine past, we started to look for opportunities to bring them to us, to Japan. And that is why your company was very helpful. Thank you” - Olena

    There are still a lot of pets being left behind with their owners, not just because of the war. The process will be much more complicated and difficult with the language barrier and cultural differences.

    Please do not hesitate to contact Burden Pet Relocation when you are having difficulties moving pets across the country. We would be happy to assist and help you make the transport of your pets to your new home possible while keeping their safety first. 

    ウクライナ・ロシア戦争から約1年以上が経ちました。ロシアが侵攻を開始して以来、ウクライナでは何百万人もの人々が故郷を離れ、多くの家族が近隣諸国へ移動を余儀なくされています。


    弊社へペット輸入代行を依頼されたオレナ様は、戦争が始まった際に娘さんが住む日本への入国を目指しました。ワンちゃん1頭、ネコちゃん2頭を連れ、ウクライナからドイツへ一時避難しました。オレナ様は先に日本へ入国することができましたが、3頭は書類の不備や日本への輸入に必要な処置のため、やむを得ずドイツに残ることになりました。


    日本は、ペットの輸入が最も困難な国の一つと言われています。金銭面的な事情もあり、オレナ様自身で書類や必要な処置を進めていました。ただ、慣れない輸入手続きはとても複雑で、1つでも間違いがあればペットが危険にさらされる可能性を恐れていました。安心、安全にペットを日本へ連れていく方法はないかと調べている間に、弊社ホームページのウクライナ支援の記事へたどり着きました。

    3頭を北海道へ直接届けた際に、ウクライナから日本へのペットのお引越しについてお話しを伺う機会をいただきました。ペットの海外引っ越しにあたり、同じ苦労や不安を感じている方への希望になればとご許可をいただきましたので、オレナ様のメッセージをご紹介させていただきます。

画像1.jpg



    「ウクライナ・ロシア戦争により、私たちが住んでいたウクライナの街は攻撃を受けました。10ヶ月にも及ぶ爆撃音に苦しめられました。爆撃音は日がたつにつれ、ますます大きくなり、私達はとても恐怖を感じていました。

人々は戦火を逃れるため、キーウへ移動し始めました。私もペットを連れて逃げることに決め、地下室へ避難しました。地下室では20人ほど非難されている人がいました。


    同じくペットを連れて避難している友人がドイツに実家を持っていた為、私たちは彼らと協力して何とかドイツにたどり着くことができました。日本入国ビザの手続きを待つ間、私はドイツに滞在しました。ビザが発行され、私は日本への出発が決まりましたが、ペットは検疫の関係などの問題のためドイツに置いていかなければなりませんでした。ドイツに半年ほど滞在している間、ペットを日本に連れてくる方法を探しました。その際に御社へ依頼し、助かりました。ありがとうございました。」

    弊社ではウクライナ支援の一環として、ウクライナからのペットの輸送、コロナ禍のバーデン特別窓口を設置し、対応をしています。


    今回は、弊社にて3頭を日本へ輸入するにあたり必要な処置のチェック、日本政府農林水産省への届出の申請、深夜到着後の貨物動物室にてペットの体調確認とご飯・水やり、日本輸入動物衛生検査の補助、成田空港到着後の貨物地区作業、輸入通関の手続き、北海道への直接配達のご支援・お手伝いさせていただきました。


    ウクライナからドイツへの避難、やむを得ずドイツへ残されたペット、不安に襲われる日々を乗り越えやっと日本での再会です。3頭はオレナ様より遅れて日本への到着となりましたが、日本へ無事に到着しとても安心しました。


20230120_061153315_iOS.jpg



    新しい環境に慣れるまでは少しお時間を要するかもしれませんが、今後は飼い主様とワンちゃん、ネコちゃん達が日本で毎日楽しく、そして穏やかにお過ごしいただけるよう願っています。

    弊社ペット輸出入代行をご利用いただきありがとうございました。